yume_cafe

第50回全国煎茶道大会

 宇治黄檗山では毎年五月の第三日曜日に「全国煎茶道大会」が行われます。

 「煎茶は江戸時代末期から明治へと隆盛の時代が続いたのですが、西洋文化の流入と時代の変化に伴い、その後一時衰退したようでした。
しかし、大正時代になると、京阪地方の煎茶家を中心に、高遊会が結成され、煎茶復興の運動が起こりました。
 煎茶復興はまず売茶翁の顕彰からと、京都・宇治黄檗山萬福寺に売茶堂を建立し、あわせて煎茶席「有声軒」をたてました。
 黄檗山が煎茶と深い関係にあることと、売茶翁自身が、元来黄檗宗の僧でもあったからです。昭和三年秋に完成し、翌四年以降、毎年盛大な煎茶会が開かれるようになりました。」
(抜粋)

 
b0064758_21141552.jpg


私のお稽古している「黄檗売茶流」は有声軒にてのお席です。
このお手間は「両面手前」と言われるもので、二人が同時に向かい合ってのお手間。まるで鏡を見ているようでとても綺麗で、私の好きなお手間。二人の息もぴったりと合っていることが大切です。
b0064758_2115355.jpg

b0064758_21155978.jpg


瑞芽庵流のお席に入りました。
b0064758_21174487.jpg


不流茶奇古流のお席にも入ってみました。こちらち台湾のお茶席です。
b0064758_21192797.jpg


この日は お茶道具、お茶菓子、お茶の葉もお店もたくさん出ています。
b0064758_2120832.jpg


今年は 黄檗売茶流がお献茶(仏様に謹んでお茶をささげること)の年で私も列席させて頂きました。列席前の風景です。
b0064758_21325411.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-05-21 21:35 | おはなし
<< お煎茶と私 茅葺の里 >>



京都が好き。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
何かに導かれているようです
from まぶりん麻呂のひとりごと
浴衣でお稽古
from 京おんないけず姫in京都弁 ..
上加茂神社の社家通り
from ビバさんのさんぽ道
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
白峯神社
from VR Podcast 京都 ..
大内宿(福島県)江戸時代..
from 秘密の花園
目指すは京都御苑・建礼門..
from ☆京都ご利益ワンダーランド☆
世継地蔵・・・上徳寺
from 京都人ブログ2
接待のこぶ茶が躰の芯から..
from 京さんぽ日記
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧