yume_cafe

圓光寺

 曼殊院から案内板に従ってしばらく歩きます。

「1601年、徳川家康が開基。学問発展のために三陽元桔禅師を招いた。一般の人も入学でき、学問所としてにぎわった。現存最古の木活字が保存されている。なお裏山には家康のお墓がひっそりとある。普段静かなこのお寺も新緑と紅葉時には雰囲気が一変する」



南禅寺の修行道場でもあります。
b0064758_19211489.jpg


十牛の庭
b0064758_19214674.jpg


竹林に沿った道があります 
b0064758_192261.jpg


水琴窟の音色はとても神秘的で綺麗でした
b0064758_19232167.jpg


ずっとずっと坂を登っていくとここも洛中が一望できました。そのまだ上でお弁当を食べておられるひともいらっしゃいました。
b0064758_19234214.jpg


私が印象に残ったのは「オマール君のお墓」です。
b0064758_1924027.jpg

b0064758_19241683.jpg



*参考*
サイド・オマール氏は南方特別留学生第一期生として昭和十九年六月にマレーシアから来日し、広島文理科大学在学中に興南寮で被爆した。
 被爆直後、オマール氏は、行方不明になった南方特別留学生ニック・ユソフ氏(墓所は五日市光禅寺。ユソフ忌は八月六日墓前祭)を広島市内くまなく探し回り、また、多くの負傷者の看護に献身的に活躍した。
 その後、帰国のため上京途中症状が悪化し京都で下車、京都帝国大学附属病院へ入院。九月三日に原爆症で死亡した。
 没後しばらく経って、このことを聞き知った園部氏が墓石建立に奔走。遺族を招いて建立後、「オマール君の墓を守る会」として供養しておられる。
 墓石に碑文があり、そこには次のように刻まれている。

オマール君
君はマレーからはるばる日本の広島に勉強しに来てくれた。それなのに君を迎えたのは原爆だった。
嗚呼実に実に残念である。
君は君の事を忘れない日本人のあることを記憶していただきたい。武者小路実篤



ここは秋の紅葉の時期、シンセサイザーと尺八の音をバックに幻想的なライトアップがされるそうです。これもまた一度見てみたいと思いました。
[PR]
by yume_cafe | 2005-05-31 19:39 | 京都
<< アートに。 松ヶ崎大黒天 >>



京都が好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
何かに導かれているようです
from まぶりん麻呂のひとりごと
浴衣でお稽古
from 京おんないけず姫in京都弁 ..
上加茂神社の社家通り
from ビバさんのさんぽ道
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
白峯神社
from VR Podcast 京都 ..
大内宿(福島県)江戸時代..
from 秘密の花園
目指すは京都御苑・建礼門..
from ☆京都ご利益ワンダーランド☆
世継地蔵・・・上徳寺
from 京都人ブログ2
接待のこぶ茶が躰の芯から..
from 京さんぽ日記
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧