yume_cafe

多賀大社

 生まれてからずっと滋賀に住みながら一度も行った事のない神社「多賀大社」
滋賀県の初詣参拝者一番はこの「多賀大社」か、大津にある「近江神宮」です。
彦根インターを降りてから10分程走ります。

多賀大社と聞けば、「糸切餅」「しゃもじ」  なんて連想するのは滋賀県人だけでしょうか?


b0064758_2114858.jpg

b0064758_2121033.jpg

駐車場から民家の庭先を歩いてたどりつくと目についたのは、夏越祓の茅の輪。
京都だけの風習かと思っていたのに、滋賀でもされているというのは、やはり京都の影響を受けているのでしょう。地蔵盆行事があるのもおなじくでしょう。
昨年は京都御所西側の護王神社で「茅の輪」を見ました。



b0064758_212422.jpg

続いて目についたのは「そり橋」
この石橋(太鼓橋)は太閤橋とも呼ばれ豊臣秀吉の寄進によって造られたと云われています。
かなり急で滑り止めがついていなければ、登ることも降りることもできないし、降りる時は、手をつきながらでした。。。



b0064758_2131569.jpg

b0064758_2133587.jpg

b0064758_2135367.jpg



多賀大社には「お多賀杓子」縁起があります。 『多賀神社史』は 「元正天皇の養老年中(717~723)、天皇不与にましまし、供御を聞食されなかつたにより、本社に御祈願あり、祠官等斎火を以て強飯を炊き、神山のシデの木(ケヤキの一種)を以て杓子を作り之に副えて奉ったところ、頓に御悩の平癒を見たという」 と記しています。 

「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」
 「お伊勢七度、熊野へ三度、お多賀さまへは月参り」
といった謡にもあるように、昔は伊勢参宮の帰りに多賀詣でをする風習があったようです。

とここまでネット検索で今、知ったことばかりです。


滋賀に住みながらも、大津は距離的には京都の方がずっと近く、滋賀県内部とは縁遠いのが実態です。
[PR]
by yume_cafe | 2005-06-21 21:12 | 滋賀
<< 糸切餅 五百羅漢 天寧寺 >>



京都が好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
何かに導かれているようです
from まぶりん麻呂のひとりごと
浴衣でお稽古
from 京おんないけず姫in京都弁 ..
上加茂神社の社家通り
from ビバさんのさんぽ道
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
白峯神社
from VR Podcast 京都 ..
大内宿(福島県)江戸時代..
from 秘密の花園
目指すは京都御苑・建礼門..
from ☆京都ご利益ワンダーランド☆
世継地蔵・・・上徳寺
from 京都人ブログ2
接待のこぶ茶が躰の芯から..
from 京さんぽ日記
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧