yume_cafe

カテゴリ:京都( 209 )

大乗寺の酔芙蓉

「酔芙蓉」
八重咲きの花で、朝の咲き始めは白色、午後にはピンク、夕方には紅と時と共に刻々と色を変えていく。
花色の変化が酒に酔っていく様子にたとえられて酔芙蓉となずけられたという



市営地下鉄御陵駅下車15分のところにある「大乗寺」には綺麗な酔芙蓉の花がたくさん咲いています。
 石段をお掃除しておられる方が「おはようございます」と声をかけてくださいました。それだけでもう心がなごむのですが、あちらこちらにある来客を思いやった言葉の張り紙が一段と心を和らげてくれます。
 背丈ほどの酔芙蓉の花がびっしりと並んでいます。 白い芙蓉は今日咲いたもの。濃いピンクの芙蓉は昨日咲き終わったもの。 酔芙蓉の林さながら。。です。
お掃除をしていらっしゃるかた、すれ違うかた、みなさん気持ちのいい挨拶をくださいます。
「冷たいお茶どうぞ。。。」  お部屋の中に上がらせて頂くと、おじいさんがいろいろと資料を交えて説明をしてくださいました。
b0064758_1752410.jpg

b0064758_1755394.jpg

b0064758_1762297.jpg

b0064758_1764599.jpg

一重の酔芙蓉もありました。
b0064758_179596.jpg




「お昼過ぎになると白い花が薄いピンク色になるんですよ」
その言葉を後に、東山あたりを散策した帰り、また再び、大乗寺に立ち寄って見ました。
14時ごろでした。 少しずつピンク色へと変化を始めていました。
b0064758_1792854.jpg

b0064758_1794859.jpg


10月に入ると 一日で色の変わる花が二日かかって変化するようになるため、まだらの花になるそうです。
10月に入ったらもう一度行きます。



b0064758_171241100.jpg

b0064758_1712528.jpg




参考→ piitaさんの「京都あちらこちら」 大乗寺の酔芙蓉 その一 大乗寺の酔芙蓉 その二 大乗寺までの道
[PR]
by yume_cafe | 2005-09-29 17:20 | 京都

どっちに行こうかなぁ。。。

この二差路に来たとき、いつも迷います。
白川沿いを歩こうかなぁ? 古川町商店街を歩こうかなあ?
b0064758_2238122.jpg

白川沿いを北へ歩くのは気持ちいいです。時に人力車が通ったりします。柳が川岸なびく姿を見ると気持ちまで柔らかくなります。
古川町商店街は道幅の狭いアーケードのある商店街。懐かしい香が漂います。

ここは八坂神社から、円山公園北へ抜け、知恩院三門正面から西へ華頂通を歩いたところです。

先日は古川町商店街を歩いて、玉子を買いました。
こちらを歩く方が地下鉄東山駅へは近いです。


京都花灯路の日の夕方に撮った古川町商店街の画像です。
b0064758_224417.jpg

b0064758_2245111.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-09-28 22:46 | 京都

郵便ポスト

b0064758_22345825.jpg


かわいいですね。

b0064758_22362397.jpg

京都駅前の京都中央郵便局のポストです。
京都らしく色が抑えてあります。
でもやっぱり オレンジ色の丸ポストが京都には似合いますね。 花見小路通にはちゃんと丸いポストがありますもの。。
そういえば、丸いポストを追って写真を撮っていた時期もありました。

b0064758_22384733.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-09-27 22:46 | 京都

安井金毘羅宮 「櫛まつり」

 「女性のいのちともいうべき髪に彩りと華やぎを与えてくれる櫛に感謝するお祭り。使い古した櫛や折れた櫛に感謝し、古代から現代までの髪型と衣装を装った女性が祇園界隈を練り歩く時代風行列があります。」

 普段は2.3人の参拝者しかいな安井金毘羅宮も、今日はあふれんばかりの人でした。
東大路通に面した鳥居から参道、境内に至まで人で埋め尽くされ、撮影場所の取り合い?に放送局までまきこまれるほど。。。 そんなに有名なお祭でしたっけ?
b0064758_22133577.jpg

b0064758_2214428.jpg

境内のポイントでカメラを構えていましたが、人が多いのと出発地点なので行列の人の表情も動作も落ち着きません。
列が終わるのを待って、東大路通の途中まで先回りをしてみました。
b0064758_22175045.jpg

b0064758_22181883.jpg

b0064758_22184448.jpg

b0064758_22191715.jpg

b0064758_22194361.jpg


八坂神社前です。
b0064758_22203924.jpg

b0064758_2221243.jpg


巡行路を知らなかったので人の波に着いて撮りましたが、花見小路あたりで撮るのが一番いいのかもしれません。
[PR]
by yume_cafe | 2005-09-26 22:25 | 京都

Machiya de ほっ

西陣にある ギャラリー「Machiya de ほっ」まさしく町家でほっ。。と出来るような空間です。
風刺のきいたイラストと言葉。。 そうだよね。。 がんばらなくっちゃね。。と 思わず笑みがこぼれるのです。

以前に一度お邪魔したことがあります。

一人でも気兼ねせずゆっくりできるようなスペースになっている二階からは玄関を見下ろすことができ、その面白い造りは、私の父の実家の造りと同じで 従兄弟とすごした幼い日も蘇ります


千両ヶ辻文化祭の日、再びお邪魔させて頂きました。

b0064758_21521679.jpg

b0064758_21524992.jpg

b0064758_21531743.jpg


二階からの画像です。
b0064758_21535254.jpg

b0064758_21541179.jpg

b0064758_21543735.jpg


好きな場所です。
[PR]
by yume_cafe | 2005-09-25 21:58 | 京都

写真集

 四季折々の京都の綺麗な風景の写真を撮っておられる「水野克比古」さん。
京都を愛している人だからこそ撮れる写真。
水野克比古さんの写真館が西陣にあります。
「町家写真館」 見学は予約制のためどうしても見せて頂く機会がなかなかありません。
その「町家写真館」も昨日の西陣の「千両ヶ辻」では無料で公開されていました。
娘さんの水野歌夕さんの「京の路地風景」という写真展が開催されていました。
b0064758_2212998.jpg

b0064758_22235.jpg

靴を脱いで上がらせていただいた町家で見せて頂く写真。「路地風景」
さりげない京都の風景。私が一番好きな京都。 飾らない京都の町風景。
一枚一枚、丁寧に見せていただきました。 
一枚一枚に京都の心が溢れているのです。。
桜咲く町角、赤いランドセルを背負った小学生の走る町角、雪の路地。
鳥肌が立つほどの感動でした。
b0064758_2223861.jpg


写真集を売られていました。
欲しい。。。

そう思い残したまま、写真館を後にしました。

あちこちの町家を見せていただきました。食事をして、大宮通を散策しました。
でも 心からあの写真が消えません。

再び 千両ヶ辻に戻りました。
「やっぱり欲しい。。」

歌夕さん本人から その本を買いました。

私の物になりました。私の宝物になりました。
b0064758_2231546.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-09-24 22:08 | 京都

晴明神社-神幸祭

 晴明神社前の堀川通西の歩道。露店が並んでいます。
晴明神社の神幸祭、いつも人の絶えない神社ですが、今日は御神輿が並びいつにも増してたくさんの人で賑わっていました。
b0064758_21292422.jpg

b0064758_21294245.jpg




13時からは祭列の巡行。
少年鼓笛隊を先頭に菊鉾、扇鉾、獅子、御神宝、飾馬等に晴風稚児、八乙女、四神稚児、「桃薗みこし」「聚楽みこし」の二社の若神輿が巡幸。。。 西陣の細い路地をじくざくにまさしく練り歩きます。


b0064758_21213885.jpg

b0064758_2128424.jpg

b0064758_2122236.jpg

b0064758_21223593.jpg

b0064758_2123246.jpg

b0064758_2123960.jpg

b0064758_21284659.jpg

b0064758_21233679.jpg



b0064758_613358.jpg



思っていた以上に立派なお祭でした。
西陣の老若男女さんがこうして一つになれるっていいなぁと思いました。


京都人ブログさんでもこのお祭の様子がご覧になれます。 「晴明神社・・・晴明祭」


晴明神社の桔梗
[PR]
by yume_cafe | 2005-09-23 21:39 | 京都

油小路を北へ。。④

油小路一条あたりです。

また雰囲気のいい甘味処。自然と足が止まります
「ShじiMa」 耳にしたことはありましたし、行ってみたいお店でしたが、こんなところにありました。
この通り、町家利用の甘味処が続いています。静かな通りでそんなに人も多くなく、京都らしくっていいです。
b0064758_20454754.jpg

b0064758_2046513.jpg

b0064758_20464530.jpg




京都らしくないこの感じがまた意外で面白かったです。
左のお薬屋さんはなんだか、いっぱいお薬の説明が貼ってあります。
右側のたこ焼き屋さんは、昔 紳士服屋さんだったのでしょうか?
今日は二軒ともお休みなのか、もうやっておられないのかわかりませんが、二階の窓が開いていましたのでお住まいなんだと思います。
b0064758_20483497.jpg

b0064758_2049151.jpg

b0064758_2049234.jpg





「元百万辺町」って「元百万遍」だったのでしょうか?移転の多い京都なのでそんな歴史を背負った地名なのかもしれません。
b0064758_2051014.jpg





今出川通を横断すると、「白峯神宮」の東側の壁が続きます。こんな方向から見たのは始めてでした。
b0064758_20531181.jpg






ここで油小路通は一旦途切れます。
そしてまた「紫明通」から北へ賀茂川中学まで続きますが、そこはまた次の機会に歩こうと思います。
自分の足で歩いて、自分の肌で感じて、京都を自分の物にしていくのが楽しみです。


ShじiMaさん 参考サイト
[PR]
by yume_cafe | 2005-09-22 20:57 | 京都

油小路を北へ。。③

油小路でちょっと来た道を振り返ってみました。
b0064758_22371343.jpg




b0064758_2238253.jpg

お豆腐屋さん 「お揚げさん」が見えてます。 
始めてのおつかいは、すぐ近くのお豆腐屋さん
「お豆腐ひとつと、お揚げさんひとつ。」銀色のボールを持って買いに行きました。
ボールにお水を張ってお豆腐一丁、その上に白い油紙みたいのを置いてお揚げさん一枚。。



b0064758_2240054.jpg

「琴三味線絲司」 堂々たる看板です。



b0064758_22402559.jpg

「小宿&カフェ 布屋」さん
ここにお泊りしてみたいですよ。今度はまず、カフェに行ってみます。




b0064758_22422227.jpg

b0064758_22423944.jpg

「ことばのはおと」ここのお店は始めて知りました。
ここも訪ねてみたいお店。 




b0064758_2251734.jpg

お地蔵さんの前に飾られていた綺麗なお花。



だから京都の町歩きは、やめられない。。
[PR]
by yume_cafe | 2005-09-21 22:53 | 京都

油小路を北へ。。②

どうも話があちこちに飛ぶのですが、9/15に油小路を北へ歩いた続きです。

b0064758_22341487.jpg

「美髪館」 理髪店なんでしょうが歴史を感じるいい味の建物です。



b0064758_2235332.jpg

b0064758_2236257.jpg

野口家住宅。



b0064758_22405045.jpg

昔のお米屋さんってこんな感じでした。



b0064758_22411111.jpg

クリーニング屋さん



b0064758_22413386.jpg

 コーヒーポット「TOBA」  喫茶店なのでしょうか? 間口が小さかったです。


b0064758_22414989.jpg

このあたり堀川通西側に二条城があり、油小路通の東堀川通には京都全日空ホテル、京都国際ホテルが聳え立っていて その裏側になります。京都全日空ホテルの駐車場入り口にはこんな立派な門がありました。何の跡なのかとぐるりと回ってみましたが、案内板が見当たりませんでした。検索してもわからないままです。
[PR]
by yume_cafe | 2005-09-20 22:57 | 京都



京都が好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
何かに導かれているようです
from まぶりん麻呂のひとりごと
浴衣でお稽古
from 京おんないけず姫in京都弁 ..
上加茂神社の社家通り
from ビバさんのさんぽ道
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
白峯神社
from VR Podcast 京都 ..
大内宿(福島県)江戸時代..
from 秘密の花園
目指すは京都御苑・建礼門..
from ☆京都ご利益ワンダーランド☆
世継地蔵・・・上徳寺
from 京都人ブログ2
接待のこぶ茶が躰の芯から..
from 京さんぽ日記
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧