yume_cafe

カテゴリ:おはなし( 14 )

お煎茶と私

 
b0064758_22556100.jpg


12年前、新聞に折り込まれていた、社会保険センターの講座の案内チラシ
何かやってみようかなぁ?と目に付いたのは「煎茶道」 
「茶道」よりも気軽で実用的な気がしたのでした。

 始めて見る「お道具」の数々。お手前の複雑さ。立ち振る舞いの難しさ。 袱紗の扱いさえ知らない私には始めての事ばかりでとまどいの中でスタートしました。
 その頃始めた「自分史講座」も「フラワーアレンジメント」も更新時期に離れてしまったのに、「お煎茶」だけが続いたのは私の感性と合っていたからでしょう。
 仕事との関係、経済的理由等から離れようと思ったことがあったものの、今まできました。

 お茶席の凛とした空気。お手前をしている時の心地よい緊張感。 同じ事に心惹かれる人たちとの会話。 それらが好きです。

お経の中での「献茶式」の一時間に参列できたこと、とてもいい経験でした。
[PR]
by yume_cafe | 2005-05-22 22:11 | おはなし

第50回全国煎茶道大会

 宇治黄檗山では毎年五月の第三日曜日に「全国煎茶道大会」が行われます。

 「煎茶は江戸時代末期から明治へと隆盛の時代が続いたのですが、西洋文化の流入と時代の変化に伴い、その後一時衰退したようでした。
しかし、大正時代になると、京阪地方の煎茶家を中心に、高遊会が結成され、煎茶復興の運動が起こりました。
 煎茶復興はまず売茶翁の顕彰からと、京都・宇治黄檗山萬福寺に売茶堂を建立し、あわせて煎茶席「有声軒」をたてました。
 黄檗山が煎茶と深い関係にあることと、売茶翁自身が、元来黄檗宗の僧でもあったからです。昭和三年秋に完成し、翌四年以降、毎年盛大な煎茶会が開かれるようになりました。」
(抜粋)

 
b0064758_21141552.jpg


私のお稽古している「黄檗売茶流」は有声軒にてのお席です。
このお手間は「両面手前」と言われるもので、二人が同時に向かい合ってのお手間。まるで鏡を見ているようでとても綺麗で、私の好きなお手間。二人の息もぴったりと合っていることが大切です。
b0064758_2115355.jpg

b0064758_21155978.jpg


瑞芽庵流のお席に入りました。
b0064758_21174487.jpg


不流茶奇古流のお席にも入ってみました。こちらち台湾のお茶席です。
b0064758_21192797.jpg


この日は お茶道具、お茶菓子、お茶の葉もお店もたくさん出ています。
b0064758_2120832.jpg


今年は 黄檗売茶流がお献茶(仏様に謹んでお茶をささげること)の年で私も列席させて頂きました。列席前の風景です。
b0064758_21325411.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-05-21 21:35 | おはなし

亀の子束子

 いわゆる「百均」は好きではありません。
ブランドにこだわるわけじゃなく、装飾にこだわるタイプでもありませんが、「本物」「しっかりしたもの」にこだわります。

 スポンジたわしだけで食器洗いを済ませる主婦の方も多いようですが、私はいまだに母がしていたように陶器の食器は束子。 ついでにお風呂のタイル洗いも束子。
それも 少しお値段高めですが「亀の子束子」に限ります。
b0064758_21174421.jpg

b0064758_21134100.jpg


明治40年発明から100年になるという、「亀の子束子西尾商店」
束子専門店っていったいどういう会社なんだろう?って 検索してみると。。。。
ホームページがあります。
西尾正左衛門さんは 奥様が障子のさんを掃除するのに、シュロを曲げてそうじをしているのを見て、新たに洗浄用の道具を思いつきました。これが束子のはじまり。。。

束子ひとすじの会社というイメージがありますが、いろんな商品がありました。
スポンジたわしもあります。ボディブラシ、ボディタオルもあります。
そしてガーデニング関連まで。。

亀の子束子西尾商店の外観もいいですねぇ。
「話題あれこれ」には 松尾大社の亀の画像がありました。なぜ?


従業員50人ながらなかなか充実した面白い会社だと思いました。
[PR]
by yume_cafe | 2005-05-18 21:15 | おはなし

愛車②号

b0064758_21563227.jpg



ペーパードライバーな私の「足」はもっぱら自転車。日々の買い物は勿論、通勤も自転車。
駅までのバス代もったいない、と自転車。
毎週金曜日には40分かけてお茶のお稽古に行きます。
少々の雨なんのその。寒いのはペダルこいでりゃ体暖まる。
季節の風を受け、目に映る景色で四季を感じ、ペダルの重さで自分の体調を知る。

愛車①号の最盛期には前と後ろに娘を乗せ、三女をオンブして幼稚園の送り迎えを毎日していました。(本当はこれも違反らしいですが。。)
その①号の調子が悪くなり ②号は娘のおさがり。
それも先日、仕事から帰ってきて家の前に到着したとき「パ~~~ン」とけたたましい音がしてタイヤの破裂。 自転車屋さんは「これはもうタイヤの中身が見えますから交換ですねぇ 4600円」ですと。。
う~む 一万円も出せば新車が買えるのに?と相談しましたが、「いい自転車なので交換の方がいいですよ」とのアドバイスを受け、交換とブレーキ調整。

春風と桜吹雪の中 また軽快に走ってます。
また10キロのお米を買って帰ってきます。
[PR]
by yume_cafe | 2005-04-17 22:08 | おはなし



京都が好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
何かに導かれているようです
from まぶりん麻呂のひとりごと
浴衣でお稽古
from 京おんないけず姫in京都弁 ..
上加茂神社の社家通り
from ビバさんのさんぽ道
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
白峯神社
from VR Podcast 京都 ..
大内宿(福島県)江戸時代..
from 秘密の花園
目指すは京都御苑・建礼門..
from ☆京都ご利益ワンダーランド☆
世継地蔵・・・上徳寺
from 京都人ブログ2
接待のこぶ茶が躰の芯から..
from 京さんぽ日記
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧