yume_cafe

<   2005年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

第50回全国煎茶道大会

 宇治黄檗山では毎年五月の第三日曜日に「全国煎茶道大会」が行われます。

 「煎茶は江戸時代末期から明治へと隆盛の時代が続いたのですが、西洋文化の流入と時代の変化に伴い、その後一時衰退したようでした。
しかし、大正時代になると、京阪地方の煎茶家を中心に、高遊会が結成され、煎茶復興の運動が起こりました。
 煎茶復興はまず売茶翁の顕彰からと、京都・宇治黄檗山萬福寺に売茶堂を建立し、あわせて煎茶席「有声軒」をたてました。
 黄檗山が煎茶と深い関係にあることと、売茶翁自身が、元来黄檗宗の僧でもあったからです。昭和三年秋に完成し、翌四年以降、毎年盛大な煎茶会が開かれるようになりました。」
(抜粋)

 
b0064758_21141552.jpg


私のお稽古している「黄檗売茶流」は有声軒にてのお席です。
このお手間は「両面手前」と言われるもので、二人が同時に向かい合ってのお手間。まるで鏡を見ているようでとても綺麗で、私の好きなお手間。二人の息もぴったりと合っていることが大切です。
b0064758_2115355.jpg

b0064758_21155978.jpg


瑞芽庵流のお席に入りました。
b0064758_21174487.jpg


不流茶奇古流のお席にも入ってみました。こちらち台湾のお茶席です。
b0064758_21192797.jpg


この日は お茶道具、お茶菓子、お茶の葉もお店もたくさん出ています。
b0064758_2120832.jpg


今年は 黄檗売茶流がお献茶(仏様に謹んでお茶をささげること)の年で私も列席させて頂きました。列席前の風景です。
b0064758_21325411.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-05-21 21:35 | おはなし

茅葺の里

 ガイドブックに従って歩いていくと茅葺屋根の集落に出会うことができました。
観光用の道ではなく生活道路なので見落としがちかもしれません。 私も前回は見つけられませんでした。

b0064758_1754743.jpg

b0064758_176521.jpg

b0064758_1762057.jpg

b0064758_1763531.jpg

b0064758_1765497.jpg


民宿をされているお宅もありました。


祖母の家は私が高校生の頃まで茅葺屋根でした。
天井が高く、風通しもよく、夏は本当に涼しい家でした。
なんとも言えない重厚感のある木材の暖かみを今も覚えています。
[PR]
by yume_cafe | 2005-05-20 17:11 | 京都

三千院

新緑の大原へ。
この時期 人が少ないのでゆっくりと静かに歩けます。

b0064758_2083518.jpg

b0064758_2085429.jpg

b0064758_209991.jpg

b0064758_2092739.jpg

b0064758_2094333.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-05-19 20:11 | 京都

亀の子束子

 いわゆる「百均」は好きではありません。
ブランドにこだわるわけじゃなく、装飾にこだわるタイプでもありませんが、「本物」「しっかりしたもの」にこだわります。

 スポンジたわしだけで食器洗いを済ませる主婦の方も多いようですが、私はいまだに母がしていたように陶器の食器は束子。 ついでにお風呂のタイル洗いも束子。
それも 少しお値段高めですが「亀の子束子」に限ります。
b0064758_21174421.jpg

b0064758_21134100.jpg


明治40年発明から100年になるという、「亀の子束子西尾商店」
束子専門店っていったいどういう会社なんだろう?って 検索してみると。。。。
ホームページがあります。
西尾正左衛門さんは 奥様が障子のさんを掃除するのに、シュロを曲げてそうじをしているのを見て、新たに洗浄用の道具を思いつきました。これが束子のはじまり。。。

束子ひとすじの会社というイメージがありますが、いろんな商品がありました。
スポンジたわしもあります。ボディブラシ、ボディタオルもあります。
そしてガーデニング関連まで。。

亀の子束子西尾商店の外観もいいですねぇ。
「話題あれこれ」には 松尾大社の亀の画像がありました。なぜ?


従業員50人ながらなかなか充実した面白い会社だと思いました。
[PR]
by yume_cafe | 2005-05-18 21:15 | おはなし

テニスボールを追いかける

b0064758_22151529.jpg


(2002年)
[PR]
by yume_cafe | 2005-05-17 22:16 |

癒しPON

b0064758_22475311.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-05-16 22:48

石山寺

 今回 石山寺へ行って始めて見たものは、「フダラク山」だけではありませんでした。

静かなフダラク山のまだ奥には「龍穴の池 八大龍王社」 
奥深い山の中に突然輝く秘密の場所のようでとても神秘的です。
「歴海和尚がここに座り八大龍王等を供養したところ、諸魔王が喜び 終生和尚が供養した」とのこと。
b0064758_20321379.jpg


本堂の右側の細いところを少し歩いてみると「子安観音→」との立て札。まるで鞍馬寺のような木の根道を少し歩くと またそこに隠れるように神秘的に「子安観音」がありました。
ここまで見る人は 多分稀だろうと思います。
b0064758_20351472.jpg


源氏苑には紫式部像
b0064758_20365836.jpg


無憂園には一輪、二輪の菖蒲。あと半月もすれば咲きそろうのでしょうか?
b0064758_20375653.jpg


石山寺の前の瀬田川沿いの道は今 ツツジが満開です。
b0064758_20383969.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-05-15 20:39 | 滋賀

石山寺 三十三ヶ所フダラク山

 拝観受付をすませて少し歩いたあと、右手の石段を登り本堂、多宝塔をまわりまた石段を降りて御影堂へとのコースが一般的ですが、最初の石段を上がらずにまっすぐに進むと、これからの季節なら菖蒲が綺麗な「無憂園」という池の綺麗な庭園があります。
そしてそのまだ山手に「三十三ヶ所フダラク山」という石仏の並んだ路がありました。
ここまで見られる人は殆どいらっしゃらないのではないでしょうか? 私も今回始めてでした。

「フダラク山」。。 「仏教的世界観では西方にフダラク山(普陀落山)という聖山があるとされる 」

西国三十三ヶ所の摸社なんだそうです。
うっそうとした静かな小路に並ぶ石仏。静かな気持ちになれます。
b0064758_21521053.jpg

b0064758_21522553.jpg

b0064758_21523885.jpg

b0064758_21525567.jpg



今度の日曜 5/22には「青鬼まつり」があります。
今日 石山寺の前を通ったら 大きな青鬼が立っていました。
b0064758_21554386.jpg

b0064758_2156747.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-05-14 21:59 | 滋賀

川端道喜

5本一束3000円 という「ちまき」があります。
「どうきちまき」 が京都の人にどれほど知名度があるのかはわかりませんが、知人に教えていただいてはじめて、その歴史ある京都の和菓子を知ることができました。

創業文亀三年(1503年)といいますからもう500年以上の歴史があるお店です。
一口に500年といいますが、戦国室町時代の終りからですから、その歴史は気が遠くなる気さえします。

「吉野葛と砂糖を天然水で炊いて練り、洗った笹の葉をずらりと並べ、その上に練り上がった生地を載せていく。形を整え、藺草できりきりと巻き上げる。これを束ねて長時間ゆでる。笹の香りを粽に移し、余分な糖分を落とすためである。1本を巻くのに5~6枚の笹を使い、100本巻くのに4時間はかかる。笹の葉はすべて手洗いである。歴代天皇が召し上がったものそのままの、透明な美しさを保つのである」(抜粋)

「ちまき」の他は 「御菱葩」(おんひしはなびら)という お正月の花びらもち(1個1500円)と、和三盆の干菓子「おいとぽい」 くらいしか扱いのないお店です。


お店の姿は意外でした。
お洒落な北山通の角、ノートルダム女子大学の西向かいに佇むお店は白く洒落たビルでした。

「ひとすじ通ってる」 そんな力を感じるこのお店。 
いつかしっかりと暖簾をくぐって一束3000円のちまきを購入したいと思います。


b0064758_22503873.jpg

b0064758_22505417.jpg



参考 「和菓子に見る京」
[PR]
by yume_cafe | 2005-05-13 22:54 | 京都

神馬堂の「やきもち」

 上賀茂神社を出て東側に なんとも味のある文字で「やきもち」と書かれた看板があります。
明治5年創業。 のれんをくぐると奥には 真剣に「やきもち」を焼いておられるご主人の姿があります。手前にちょっとしたお勘定と包装の場所があるだけで なんとも言えない、懐かしくすっきりとした感じです。 「やきもち」の他に何を売っておられるわけでもありません。

「男はつらいよ」に惹かれ、ビデオを借り続けていた時に このお店がうつっていたのを見逃しませんでした。 
お店にさりげなくその時の写真が飾られていました。

日本の風景です。ここのお店。。
好きです。


b0064758_1735061.jpg

「おいくつでもどうぞ。。」と言われ 「ふたつ」買わせて頂きました。
b0064758_1743421.jpg



そのまま賀茂川に出て、賀茂の流れを見ながら一人「やきもち」をほおばる私。
若い女性なら絵になるのでしょうが。。。。。  汗

b0064758_1753377.jpg

b0064758_1754934.jpg

[PR]
by yume_cafe | 2005-05-12 17:07 | 京都



京都が好き。
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
何かに導かれているようです
from まぶりん麻呂のひとりごと
浴衣でお稽古
from 京おんないけず姫in京都弁 ..
上加茂神社の社家通り
from ビバさんのさんぽ道
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
東福寺塔頭 天得院「桔梗..
from 京都の観光地・逸話ー京都市エリア
白峯神社
from VR Podcast 京都 ..
大内宿(福島県)江戸時代..
from 秘密の花園
目指すは京都御苑・建礼門..
from ☆京都ご利益ワンダーランド☆
世継地蔵・・・上徳寺
from 京都人ブログ2
接待のこぶ茶が躰の芯から..
from 京さんぽ日記
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧